B工事について、専門家たちが徹底解説! 完全成功報酬・無料相談受付中!

山田 貴人

(一社)RCAA協会会員 (株)スリーエーコーポレーション

・原状回復・B工事適正査定員

500坪以上のスーパーグレードビルから中小規模のオフィス、店舗、住宅等、多岐にわたり原状回復トラブルを解決。

入居時のB工事・退去時の原状回復工事はなぜ高いのか

オフィスB工事の事例 オフィス・店舗のB工事

2021/4/26

オフィス入居時のB工事・退去時の原状回復工事はなぜ高いのか?

オフィスを移転する際について回るのが「B工事」と「原状回復工事」です。 多くの企業担当者がこのふたつの工事を高いと感じていますが、その理由も分からないため「そういうもの」と諦めてしまっているのが現状です。 今回は、これらの工事が高額になる理由を解説し、適正化する余地が十分にあることをご理解いただきたいと思います。 都心部の築浅300坪オフィスの実例 まず皆さんに、オフィス入居時のB工事と、退去時の原状回復工事が高いということの実例をご紹介します。これは、ある一部上場ゲーム開発会社に請求された額になります。 ...

有田焼/伊万里の皿

店舗B工事の事例

2021/3/24

ショッピングモール店舗のA工事・B工事・C工事を知らないと大損する!

貸方基準A工事・B工事の図書に記されている内容は本当ですか? Tホテルショッピングモールで陶器を販売する株式会社D。 コロナ禍による経営判断で閉店が決まり、賃貸人に解約届を提出、指定業社より見積が出てきたが、敷金より高額な原状回復費用が提示され一般社団法人RCAA協会(原状回復・B工事アドバイザリー協会)ホームページへ問合せ、協会運営母体の(株)スリーエー・コーポレーション山田貴人氏に助言者として協議に参加していただくよう依頼した。 概要 賃借人 株式会社D(以下、甲という) 賃貸人 株式会社A(以下、乙 ...

カフェ・レストラン

オフィスB工事の事例 店舗B工事の事例

2021/2/24

オフィス・店舗のB工事と原状回復はどこまでやるの?

コロナによる店舗の閉鎖とオフィスの縮小移転をすることになり、賃貸人から見積が提出されたが店舗、オフィス共に坪20万円以上と高額だった。 再見積で賃貸人が原状回復費用を1,500万円増額!そんなことあり得ない!! 敷金では不足、原状回復費496万円がたりない。 この金額が果たして適正なのか?また、高額なのであれば減額したいことから、一般社団法人RCAA協会(原状回復・B工事アドバイザリー協会)に相談、協会運営母体の(株)スリーエー・コーポレーション山田 貴人氏をご紹介いただいた。 クライアント 株式会社A ...

オフィスB工事の事例

2021/2/23

オーナーがチェンジした物件で “原状”が不確定でも減額は可能か

昨今、オフィスビルにおいてオーナーがチェンジするケースはさほど珍しくない。ただ、新旧オーナー間できちんと引き継ぎできていないと、各テナントの原状が不明瞭になってしまい、原状回復の際に不要な工事まで賃借人に求められることがある。「原状」が分からなければ「回復」のしようがないはずだが、多くの場合、賃借人は賃貸人側に求められるまま高額な工事を発注してしまう。 今回は、原状が不明瞭な状態で減額した事例を紹介する。 賃借人の概要 賃借人(クライアント) シーサー株式会社 物件名称 A-PLACE渋谷金王 賃借面積 ...

博多

店舗B工事の事例

2020/7/23

店舗のB・C工事を可視化して見直すことで大幅な原状回復費を削減

本事例は、賃貸人が原状回復を指定業者に一任しており、契約状況も把握していなかった。B・C工事の可視化、労務費の可視化など、確固たるエビデンスをもとに大幅な費用削減を実現させた事例を紹介する。 賃借人の概要 賃借人 株式会社パッショーネ 住所 福岡県福岡市フォレオ博多(商業施設) 賃借部分 45.59㎡/16.5坪 賃貸人の概要 賃貸人兼PM(賃貸経営管理業務) 大和情報サービス株式会社 指定業者 株式会社エイムクリエンツ九州支店 指定業者にまかせっきり案件の問題点と対応策 本事例において賃借人は、入居施設 ...

ビル

オフィスB工事の事例

2020/7/18

無傷の天井ボードをすべて張り替える原状回復工事に法的根拠はあるか 

原状回復工事の見積もりが高額だった場合、見積書だけでなく契約書の内容も精査する必要がある。契約書に書かれていない工事が不要であることは、別の事例でも度々紹介してきた。しかし、契約書に書かれた工事が絶対ではないケースも存在する。これが原状回復工事における素人判断が難しい所以でもある。 賃借人の概要 IT系企業のココネ株式会社 仙台駅前にあるアゼリアヒルズに入居 10階53.72坪 賃貸人の概要 三井住友信託銀行株式会社が賃貸人。PM(賃貸経営管理業務)は三菱地所プロパティマネジメントが務め、指定業者は大成建 ...

居抜き

オフィスB工事の事例

2020/6/22

店舗B工事居抜きのワナ!(原状回復義務承継)

 居抜きで入居した場合、原状回復義務が継承される。しかし、どのように原状回復するかは契約書の定めに準じることになる。ただ、肝心の契約書内容が曖昧な表現になっていた場合、適正とはいえない見積もり内容になることが珍しくない。  本事例もそうしたケースの一例である。居抜き入居している担当者はぜひ参考にしてもらいたい。 賃借人の概要 有限会社カモデ 東京都中央区にある共同ビルに入居 1階117.36㎡/35.50坪 賃貸人の概要 株式会社TOYO LAND ESTATE。指定業者は共同施設株式会社が務める。 明け ...

綺麗な天井

オフィスB工事の事例

2020/5/27

納得いかない原状回復の天井の張替え・付随工事は円満解決できる!?

賃貸借契約書において原状回復の際に、天井の張替え、それに付随する工事が定められていた場合、たとえ原状(入居時)とまったく変わらない(傷などがない)状態であっても工事を行わなければならないのだろうか。 契約書に書かれたことでもめると、裁判などのトラブルに発展してしまう可能性もある。今回は、この問題を円満解決し大幅な減額も実現させた事例を紹介する。 賃借人の概要 株式会社エヌリンクス 大豊押上ビルに入居 5階59.77㎡ 賃貸人の概要 大豊企業株式会社、PM(賃貸経営管理業務)および指定業者は永和不動産株式会 ...

賃貸

オフィスB工事の事例

2020/5/17

賃貸借契約書に書かれてた原状回復工事は絶対?高額見積もりも減額の可能性があります

オフィスを退去する際には原状回復工事がセットになる。しかし具体的にどこまでの範囲を原状回復するのかでトラブルになる例が少なくない。 例えば賃貸借契約書に「壁面塗装、天井、床面の貼替」と書かれていた場合、損傷がない箇所まで交換する必要があるだろうか。 今回紹介する事例は、まさにその点がポイントになっている。 類似の話は数多く聞くので、ぜひ参考にしてもらいたい。 概要 物件名 第2虎ノ門ビル3F東京都港区赤坂 賃貸人 N不動産株式会社 賃借人(クライアント) H株式会社担当:Y氏 PM管理会社 N不動産ファシ ...

原状回復工事費用を店舗B工事、C工事に分割しコスト削減!店舗退去、B、C工事、スケルトン工事を可視化により大幅削減!

店舗B工事の事例

2020/4/16

原状回復工事費用を店舗B工事、C工事に分割しコスト削減!店舗退去、B、C工事、スケルトン工事を可視化により大幅削減!

オフィスや店舗を退去する際、高額な原状回復工事が見積もられたらどうすればいいか分からないというテナントの悩みは珍しくありません。 今回のケースは最初弁護士に相談したものの、専門知識のない弁護士ではどうすることもできず、一般社団法人RCAA協会の専門家に相談しました。 契約書に書かれていない工事内容を除き、当初指定業者が一括で行うはずだった工事をB工事とC工事に分けることで賃借人も驚く削減を実現した事例をご紹介します。協会主力会員株式会社スリーエー・コーポレーション(3AC)の萩原、山田、小川が担当した実例 ...